トップページ
カテゴリ
過去ログ
リンク集
プロフィール
ちょっと休憩
2008年11月  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

2007年03月02日

和算

鶴亀算とか油分け算、入れ子算に俵杉算。
小6算数の教科書の内容です。(こんなの習ったかな?)
娘に見せてもらったんですが、なんだ簡単じゃんと思ったのもつかの間。
けっこう頭使いました。

【鶴亀算】
月夜の晩に鶴と亀が集まってきました。頭の数を数えてみると28個ありました。足の数を数えてみるとぜんぶで88本ありました。さて鶴は何羽、亀は何匹?

【油分け算】
1リットルの壺に油が1リットル入っています。この油を、5リットルずつ2人で分けます。しかし、ここには3デシリットルと7デシリットルの升しかありません。この2つの升を使って、5デシリットルずつ分けましょう。

【入れ子算】
鍋屋に行くと7つの鍋を売っていました。この鍋は入れ子といって一番大きな鍋の中に2番目に大きな鍋が入り、2番目に大きな鍋の中には3番目に大きな鍋が入り、・・・というように、重ねることができる鍋です。これらの鍋の値段は250円ずつちがいます。7つの鍋全部を9800円で買いました。一番小さな鍋の値段はいくら?

【俵杉算】
一番下に俵を13個置き、その上に12個置き、その上に11個置き、・・・というよいうに、一番上が1個になるまで俵を積み上げていきます。この時、俵は全部で何個ありますか?


posted by ホラ吹きトトロ at 21:55 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日々の出来事

この記事へのコメント
こんなもん分かるわかないでしょうが。
説明しあがれや(嘘 笑)・・・・・・・
うふふふふふふのふ!!
Posted by 汚物 at 2008年01月31日 17:35
私、今やってます^^
小学校の勉強で・・・
けっこう難しいです。
でも、解けるひと速いですww
Posted by at 2010年03月11日 20:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

 iTunes Store(Japan)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。